【ウリを生みだすトガった資格で差別化】飲食店開業のヒント

こんな疑問にお答えします

  • 開業には資格が必要?
  • 差別化できる資格って?
  • 誰でも取れるの?とるための条件とは?
「自分のお店を持つんだ!」って意気込みはあるけど
不安がすごいんです。
ぼく
不安があって当然です。
不安をぬぐえるように、成功を祈願して一つだけアドバイス。
差別化をつくりあげ、売れるための戦略をたてましょう!

「開業は一世一代の大勝負」と考えている方は多いです。

開業で成功する繁盛店になる必須条件は「他店との差別化」

この差別化をつくりあげる事が売れるための戦略です。

ズバッとお答えすると!
差別化をはかるには権威性を示すことが一つの方法です。

  • 3つ星シェフが手掛けるイタリアン
  • 芸能人が出店したお店
  • 創業〇〇年!

このようなインパクトは、誰しもが惹かれる権威性になります。

\飲食業に携わるプロを応援サポートする情報サイト/

当サイトは飲食店の開業や経営ノウハウ、スタッフの育成などを学べるサイトです


\この記事を書いた人/
自己紹介・飲食店に現役勤務中|現在3店舗のマネージャー職
・9店舗の立ち上げに参加(現在の勤務先では2店舗立ち上げました)
・人財育成のプロ(10代より教育委員会のライセンスを取得し教育現場で11年活動)
廃業の経験もあり、苦しんだ経験から多くの方々のサポートができたらと、サイト運営しております。
✅当サイトについてはこちら
https://rururu-understand.com/rururu-home/
✅プロフィール詳細はこちら
https://rururu-understand.com/profile/

飲食店の開業に”絶対”必要な資格は[2つ]
✅食品衛生責任者
✅防火管理者責任者

この資格にくわえ、一般人でもかんたんに権威性を示せる方法こそが。

「トガッた資格」を持つことです。

専門性のたかさをアピールすることが、インパクトある権威性に置き換わります。

閃く人
ぼく
トガッた資格で、「ウリ」になる箔がついた権威性をアピールすることができます。
結論
  1. チーズコーディネーター
  2. 野菜のソムリエ
  3. 唎酒師(ききさけし)

「トガッた資格には」この3つの資格をおすすめします。
もちろん他にも、料理や食材に関わる資格が60以上あります。
資格は、お店のコンセプトに合わせれれば、いかようにも活用できます。

この記事でわかること
  • ウリになる資格
  • その資格の取得方法
  • 取得をウリにするアイデア

開業に必要なのは資格は2つだけ

2つの必要資格

まず、飲食店の開業には、絶対必要な2つの資格があります。

  1. 食品衛生責任者
  2. 防火管理者責任者

この2つだけです。

どちらも、受講するだけで取得できます。

難しい試験などもないため、事前の勉強も不要。

細かい話を除いていえば、開業するならば取得必須です。

詳しくは別の記事で紹介していますので、ご覧ください。

【独立】飲食店の開業に必要な資格は?経営者に資格はいらない!

ウリになるトガッた資格とは?

特化した資格をもとう

ここでお話するトガッた資格とは、特化した資格のことをさします

飲食における資格と言えば、調理師や栄養士などの国家資格が有名です。

もちろん有用な資格ですが、ウリとしては弱く、消費者にささるかは微妙な感じがしませんか?

民間資格であるソムリエ(ワイン)も有名な資格です。

ワインのソムリエはテレビなどでも取り上げられることも多く、権威性を感じれる資格としても活躍されている方が多くいらっしゃいます。

トガッた資格の多くは民間資格になるため、一般的に知らない方が多いのが現実。

ですが、知られないからこそプロデュースすれば、ウリになる、開拓者の少ない資格と言えます。

もっと言えば、日本人が考えた戦略として名高い「ランチェスター戦略」にのっとった考え方になります。

ランチェスター戦略とは
簡単に言えば、弱者が強者に勝つ戦略です。
※詳細記事は執筆中なので後日追記いたします。

では、アイデアを含めておすすめの資格を解説していきます。

ーズコーディネーター

チーズ

チーズコーディネーターで身につける力

チーズやチーズを取り巻く基礎知識力
製法や産地そしてAOCなどの法律上さまざまな分類ができるチーズ。
製法やチーズを取り巻く法律などの基礎知識を学びます。

チーズのテイスティング力
原料乳の違いやその製法で多種多様の味わいを見せるチーズ。
チーズの味わいと特徴を捉え提案してこそプロ!
さまざまなチーズの味わいを的確に捉える、お酒や食材との相性を学びます。

チーズのサービス力
急激なチーズの消費量の伸びから、日本ではチーズのサービスに関するノウハウの体系化が追いついていないのが現状。
チーズの魅力を捕らえTPOにあわせたチーズの提供方法を学びサービス力を身につけなければなりません。

出典:チーズコーディネーター | チーズコーディネーター協会(CCA) (npofbo.org)

どの業態でもウリ商品になる「チーズに特化した資格」。

チーズ愛好家のみならず、食に溶け込んだチーズは食材としての関心は高いため、販売がしやすい。

資格を持ち認められたチーズのプロの提案には、より関心を引く事が考えられる。

例えばワインのソムリエならば「ワインに合う食べ物」アプローチが容易な様です。

チーズのソムリエならば「チーズに合う飲み物」アプローチができるますね

人気のチーズ料理×専門的なプロの知識

  • このかけ算で構築された料理の高い価値
  • 専門家がすすめる、その料理に合うお酒の提供
  • チーズ愛好家が多い現代、集客に貢献しやすい

チーズ好きにはたまらない訴求の仕方ができると考えられます。

詳細情報
資格種別民間資格
受験資格20歳以上
試験方法筆記試験、ティスティング(通信講座の場合はなし)
受講料【受講・受験料】45,000円~
登録・更新【認定登録料】25,000円
【入学金】18,000円
【年会費】15,000円
問い合わせチーズコーディネーター協会(CCA) | チーズコーディネーター認定 (npofbo.org)

菜のソムリエ

野菜のソムリエ

野菜・果物の知識を身につけ、
その魅力や価値を社会に広めることができるスペシャリスト

野菜ソムリエは一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格です。
野菜ソムリエの使命は、生産者と生活者の架け橋となること。
野菜・果物の目利き、栄養、素材に合わせた調理法など毎日の食生活に欠かせない野菜・果物の幅広い知識を身につけることで、家族の健康や食に関わるさまざまな仕事に活かすことができます。

すでに5万人以上の野菜ソムリエが誕生し、料理教室・セミナー講師、食育活動、コラム執筆、レシピ開発、青果販売など、さまざまなフィールドで活躍しています。

出典:野菜ソムリエとは -野菜の知識を深める資格の取得|日本野菜ソムリエ協会- (vege-fru.com)

ヴィーガン(ビーガン)が注目をあつめるようにもなり、野菜への注目度は年々ますばかり。

気候を活かした四季折々の作物がとれる日本では、肉や魚だけでなく野菜の価値と期待はどんどん市場を広げてる

先駆けて、この野菜の人気市場に健康をテーマにウリを作る事で、健康ジャンルを支持する多くのユーザーを取り込むことができるだろう。

話題のECサイト販売も特化している分、売りやすさと訴求力は高い。

すでに5万人の野菜ソムリエがいるため、競合が少ないとは言えない。

だが、出店地に競合がいない可能性も考えれるので、調査次第で商用利用が非常にしやすい「野菜ソムリエ」は優先度の高い資格とも言えます。

健康志向と多くの旬食材×専門家による選別された食材

  • 付加価値がつけやすく、顧客の理解をうみやすい
  • 価値を見出された野菜の提案
  • 野菜の市場価値は右肩上がり

当たり前に触れてきた野菜への新しい関心を訴求できると考えられます。

詳細情報
資格種別民間資格
受験資格【シニア野菜ソムリエ】野菜ソムリエ取得者
【野菜ソムリエ】ジュニア野菜ソムリエ取得者
【ジュニア野菜ソムリエ】なし
試験方法講座を受講して課題(択一式)を提出
受講料【入会金】10,800円
【受講料】137,200円(全区分共通)
登録・更新1年ごとの更新が必要。
更新手数料3,500円
問い合わせ日本野菜ソムリエ協会- (vege-fru.com)

酒師(ききさけし)

ききさけし

「日本酒を飲みたい!」と思っていただけるように日本酒のさまざまな魅力を伝えるプロ、それが唎酒師です。

唎酒師は、「お客さまに日本酒を美味しく飲んでいただくための資格」です。
日本酒やもてなし技術などのさまざまな知識を学び研鑽を積んで、日本酒をもっと飲みたい!と思っていただくことが唎酒師の大切な役割です。
1991年に制定された日本酒提供・販売者資格であり、4万人以上が認定を受けています。
食に関連する方は必ず持つべき資格といえるでしょう。
日本酒を美味しいと感じていただくためには、日本酒についての豊富な知識、料理との相性、味わいや香りの特徴、予算などに基づいてお客さまにアドバイスすることが重要です。
それには、ラベルの記載内容も専門用語が多く難しいと思われがちな日本酒を読み解き、テイスティングでそれぞれの日本酒の持つ特徴をつかんで表現し、好みに合う味わいや飲み方で日本酒を提供できるスキルが必要です。
また仕入れる酒の選定やメニュー作り、正しい品質管理にも唎酒師の能力はかかせません。

出典:唎酒師(ききさけし) | 人気の日本酒ソムリエ資格取得 (kikisake-shi.jp)

ワインのソムリエならぬ、日本酒のソムリエ「唎酒師(ききさけし)」。

似たような資格に「日本酒検定」がありますが、そちらは日本酒の歴史や製造方法、楽しみを学ぶ資格になります。

また、焼酎のソムリエ「焼酎唎酒師(ききさけし)」の資格もあります。

日本酒のサービス力を身につけることが出来る唎酒師(ききさけし)。

日本人のみならずインバウンド対策として、取得することで海外の方へのアピールにも有用です。

日本酒の魅力を存分に押し出す料理店には欠かせない資格とも言えます。

デメリットをあげるとすれば、日本の人口が減少傾向にあるために、蔵元の廃業が危惧されています。

だが、海外の要人には人気が高いため、海外に向けての発信もECサイトなどの活用により、箱型店舗の枠をこえて販売方法は多岐に広がりを持てる。

四季折々がおりなす旬食材×唎酒師による計算された日本酒の提供

  • 日本人でも知らない知識の活用で訴求できる
  • 日本酒の販売単価は高く、高客単価を実現できる

価値を提供できるお店が限られているために、未開拓な消費者は多く新たな伝道師として訴求できると考えられます。

詳細情報
資格種別民間資格
受験資格20歳以上
試験方法筆記試験、ティスティング
受講料【受講・受験料】55,000円(参考)
登録・更新【認定登録料】25,000円
【入学金】19,000円
【年会費】15,900円
問い合わせ唎酒師(ききさけし) | 人気の日本酒ソムリエ資格取得 (kikisake-shi.jp)

【番外編】スマホで完結
ウリにできるかはあなた次第!?

「これからの人生にどこで何が活きてくるかわからない」こんな資格社会の日本では、数多に資格があります。

飲食業にクロスできれば、ウリになるやも知れません。

だけど、資格をとるにも時間がなかなかとれないのが現実……

そんな中、見つけました!

ただし!個人的には数日でとれる資格にそれほど価値があるかはわかりません。

ですが、使い方一つなので、僕個人が判断する事ではないので、かるーーく紹介しておきます。

Smart資格

運営会社Micolo株式会社
本店所在地東京都港区赤坂4-3-27
資本金10,000,000円
代表者廣渡裕介
お問い合わせSmart資格【公式ホームページ】(smart-shikaku.com)

2021年10月現在、キャンペーン中。先着順で受講額が値引きされています。

詳細は公式ページを貼っておきますのでご確認ください。
Smart資格【公式ホームページ】(smart-shikaku.com)

  • オンラインの教材で、スキマ時間にブログを読む感覚で学習できる。
  • オンラインで試験を受けれる
  • 社団法人認定資格(JOCP)なので、信頼性も担保されています。
  • 価格も低価格。会場を必要としないため低コストを実現されています。

取得できる資格

  • ホスピタリティサービス検定
  • オンライン食育栄養士資格
  • オンラインビジネスマナー検定
  • アスリート栄養管理アドバイザー資格
  • 美容・化粧品成分アドバイザー資格
  • オンライン秘書検定
  • オンライン心理カウンセラー資格
  • オンラインキャリアカウンセラー資格
  • オンラインチィルドコーチング資格
  • オンラインヨガインストラクター資格
  • 動画クリエーター資格

などなど

Smart資格

ウリにできるかはあなた次第!

\スマホで完結!空き時間にサクサク進めよう/
最短1週間で取得可能
トガッた資格で差別化
また読んでもいい!と思ってもらえたなら、お願いします。